2018年1月4日木曜日

ブルガリアの年末年始 - 年越し編

今年の年末年始は妻の実家のブルガリアに来ています。ここでは、クリスマスイヴとクリスマスがメインイベントで、家族が集まりお祝いします。大晦日の夜〜元旦は友人や家族とパーティという人が多いです。クリスマスの街は静かで車も少ない。大晦日の年明けの瞬間は街中で花火があがります。

意外なことに、26〜30日は仕事の人も多いです。休む人も少なくないが、わざわざ休みをとるみたい。そして新年は2日からほとんどの人が仕事です。

大統領府
年越しは、ソフィアの中心のカウントダウンへ。国会 や大統領府、政府機関が立ち並ぶエリア。と言っても同じ建物の中にカフェやブティックやバーがあって、よくわからんのですが、とにかく中心エリアに、国立劇場イバンバゾフがあります。

この国立劇場の表階段、遠い昔に猿岩石が野宿してたみたい。そんなムービーもみたことありましたが、劇場の前は広場になっていて、毎年ここに大きなステージが用意され、パーティ会場になっているみたい。妻は20年ぶりとのこと。

政府機関エリア

警察のボディチェックでビン類の不所持を確認されて、会場へ。ステージではいろんなバンドが出演している。ブルガリアの超メジャーミュージシャンで、誰もが曲を知っているみたいなんだけども、僕は知らない。

光ってるのは後方用のディスプレイ。右手に国立劇場

ディスプレイの前方にようやくステージ
そうこうしていると1分前。ディスプレイでは秒読み開始。10秒前からはちゃんと僕もブルガリア語でカウントダウン。ゼロと同時に花火の嵐。むっちゃ近いところで鳴るもんで、ものっすごいやかましい。ちなみに、年配の方は戦争を思い出すから嫌いな人もいるらしい。


花火が終わると"ホロ"タイム。ホロはブルガリアの伝統的なダンスのこと。みんな手を繋いで一列になって、ステップを踏みます。ステップにも種類があって、基本的な数パターンはほとんどの人ができるみたい。少し応用編になるとわからない人も増えるけど、みんな上手な人のステップを見よう見真似で覚えていく。



おじいちゃんおばあちゃんから、若い人までみんなでホロを踊るのがいい感じ。僕も少しは覚えていたけど、今度はもうちょっと練習していきたいもんです。

日本やったら、盆踊りとか阿波踊りとか郡上踊りとか、そんな感じかね?日本でも踊りたいね〜



I & I Paddles

** 神戸/大阪⇔カヤックトリップ **
www.iandi22.com
iandi.paddles@gmail.com

2018年1月3日水曜日

ブルガリアの年末年始 - スキー編

ところで、今年の年末年始は妻の実家のブルガリアに来ています。ここでは、クリスマスイヴとクリスマスがメインイベントで、家族が集まりお祝いします。大晦日の夜〜元旦は友人や家族とパーティという人が多いです。クリスマスの街は静かで車も少ない。大晦日の年明けの瞬間は街中で花火があがります。

意外なことに、26〜30日は仕事の人も多いです。休む人も少なくないが、わざわざ休みをとるみたい。そして新年は2日からほとんどの人が仕事です。



そんな年末年始の休日、首都ソフィアの近くのスキーリゾート Borovets にいってきました。異例の暖かさで雪がむっちゃ少ない!例年なら、最高気温でもプラスになることが珍しいぐらいなのに、今年は最低気温でようやくマイナス。そんなわけでコンディションはいいとは言えませんが、楽しくスキーしてきました。



スキーは、楽しく滑れたらええわってぐらいなので、スキー事情も全く知らんのですが、いいなぁと思ったところ。


【1】世界共通なので迷うことがない!
街中ではいろんなマナーや、オーダーの仕方、何かと文化習慣が異なるので戸惑うこともあります。こんな感じでいいのかな?といつも確認している感じ。でもスキー場でやることは世界共通。レンタルのシステムも、リフト券も、リフトの乗り降りも全部一緒。で、滑る!楽しく安全に滑る!

グローバルなスポーツってそういう良さがありますね。考えてみたらカヌーもそうだわね。


【2】バーがある!レストランがある!プールがある!
日本のスキー場でもホテル街・民宿街がありますが、ここ Borovets にはバー&レストラン街があります。家飲みよりも外飲み派の僕にとっては、とても楽しい。

あくまで僕の主観的な典型的イメージですが、
////////////////////////////////////////////

日本ヨーロッパ
スキー終了スキー終了
宿に帰って内風呂ホテルに帰ってシャワー
温泉タイムジム・プール・サウナ・ティータイム
浴衣に着替える外着(時にお洒落)に着替える
宿で鍋出かけてレストラン
部屋で飲み会ブラブラとバー
各自布団へ各自ホテルへ
////////////////////////////////////////////

みたいな感じ。どっちもいいんだけど、僕みたいな「ブラブラしたい派」なら、こっちのスタイルが楽しいと思う。でも日本の温泉は捨てがたい..そして温泉に入ってしまうと、ブラブラする気はなくなるよな。難しいところだ。




ただ、日本でも「外でブラブラ派」が増えて欲しいと思ってるし、実際サービスも増えていると思うし、増えたほうがいいと思う。外国人観光客向けのサービスには積極的に必要だろう。消極的な理由もある。宿で囲い込むスタイルは、サービスそのものの宿のローカルルールが強すぎて外国人・他地方人・新規客にはわからないことが多い。全国展開しているチェーンに負けてしまう一因にもなる。


また、宿で囲い込むスタイルは、一つの宿が全て(風呂・食事・部屋・スキー整備、など)を提供しなければならず、リソースに限界がある。小さな民宿には無理だ。何かに特化して、周囲のサービス提供者と協力できたほうがいい。

なんてことをエラソーに..。あくまで典型的なイメージで、本当はみんないろんな努力をしていて、いろんなサービスをしているんだと思う。外国人が増えている白馬やニセコはどんな風に変化しているんだろうな。I & I もうちにしかできないサービスをもっともっと洗練させていきたい。

I & I Paddles

** 神戸/大阪⇔カヤックトリップ **
www.iandi22.com
iandi.paddles@gmail.com

2018年1月1日月曜日

あけましておめでとうございます - 2018/01/01

旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます
本年も相変わらずのご愛顧の程お願い申し上げますとともに
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

I & I Paddles として3シーズンを終え、4シーズンに入ろうとしています。やらなあかんことや、やりたいことだらけで焦る気持ちもありますが、今年はこの言葉を胸に頑張りたいと思います。


『水滴りて石を穿つ』

年末にたまたま見かけたこの言葉。今の自分にすごく大切な気がしました。直感。考えてみれば、川も海もこうやってカタチを作っていったのよね。奇巌が作る光景も、巨岩を穿つ甌穴も、磯も河原も白激も。その歴史と僕らは遊んでいる。

水滴石穿。『小さなことでも積み重ねれば大きな結果を生む』ということですが、この言葉にはもう少し他のニュアンスもあると思う。『"思わぬ"結果を生む』ということ。水滴は、石に穴を開けようと滴り落ちていたのではない。たまたま。自然が為すままにやるべきことをやっていたら、結果がカタチになっていたということ。

ほんまにコレでええのかなと疑い始めると動けない。狙った結果とは違っても、やり続ければナニカにはなるだろう。カヌーは僕にとって、まさしくそんなものやったからな。

そんな気持ちで頑張ろうと思いますが、応援と「何してんねん、お前は」というツッコミは是非ともお願いします。

皆様にとって、辛いことがありませんように、辛いことがあっても少なめであるように、辛いことがあってもそれよりも楽しいことのほうが多くありますように、そんな一年でありますように祈っております

I & I Paddlesさん(@iandi22)がシェアした投稿 -


I & I Paddles

** 神戸/大阪⇔カヤックトリップ **
www.iandi22.com
iandi.paddles@gmail.com

2017年12月17日日曜日

ナラヨシ・スーパーロング 2017 完漕! - 2017/12/17

ナラヨシ・スーパーロング ~ 吉野山麓から高野山麓 2017 無事やり遂げました!

まだ話す元気があるスタートポイント

今回で3回目。「またやんのか、あのバカは」と年末の風物詩として、だんだん認知され始めたようで、人数倍増!奇特な連中総勢10名で、冬の川を漕いできました。

まだ話ながら漕げてるスタート直後
今年は過去最悪のコンディション、寒かった!風強かった!浅かった!

昨年なら、漕いでる間にじんわり暑くなってたものが、一向に温かくならない。瀞場で手を休めようものなら、上流に戻される。浅瀬でスタックする..


陸サポとして、ムッシュ、シェフ、エバグリヒロさん。心強いし本当に助かりました。ありがとうございました!

風を避け、車の間で身を寄せ合う参加者たち

-------------------
まだ薄暗い6時半。僕は集合時刻ギリギリに集合したい派なんだが、ほとんどの参加者は早めに集合してくれる。おかげで、僕は到着直後から慌ただしくなってしまうので、ちょっと早めに現地へ向かう。

集合前の車内女子会
集合後は、速やかに着替え、ボートの積み替え、移動、だ。スタートポイントへの移動だけも40分かかる。スタートポイントで装備最終チェック。陸上班に別れを告げ、スタート。午前8時55分。

吉野高校前。風が強い..

前半は、浅瀬や細い水路をいかにスムーズに漕ぎ抜けるかが勝負。水位が低く、通れるルートが限られている。10月の台風の影響もあると思う、岩の位置や河原の形も変わって見える。


下市の頭首工。吉野川の水はここから奈良盆地に送られる
下市まで下ってくると、川の傾斜が大きくなってくる。いわゆる"ナラヨシ"区間に入る。頭首工をポーテージ。さくっと栄養補給をすませて、流速の増すこの区間をやっつけたい。



いつもなら瀬や流れを使って遊ぶこの区間も、今回は素通り。このエリアをどれだけスムーズに漕げるのかという課題が、スーパーロングを通して理解できる。

最も遠くまで水が流れているラインを探すこと。そこに正確にボートを進ませることが大事。

岩を避けるためにバックパドルを入れる。アウト!岩にあたって返ってくる流れがあるはず。その弾力を使ってボートを流しましょう。

バックウォッシュに突っ込み水飛沫をあげる。アウト!バックウォッシュで艇の速度が落ちるし、方向もブレる。ブレたら、その修正のためのストロークが必要になって、その間ボートは進みません。それに今回のようなコンディションでは、濡れると寒い..

瀬の終盤、エディとカレントの境界が混ざりあってるところで、エディに取られてしまう。アウト!艇のしっかり下流にむけて速度をキープ、グリーンウォーターを掴みましょう。

30km 漕げば、否応無しにそんなポイントが見えてきます。

栄山寺でトイレ休憩。
五條・大川橋より下流は、さらに川の様相が変わる。ところどころ瀬もあるが、ほぼ瀞場。手漕ぎにならずに全身でカヤックを進ませられるか?手漕ぎで漕ぐのは、ストローク毎にその分ボートを引っ張っている感じ。ストロークを止めた瞬間ボートも止まる。次のストロークは、止まったボートを動かすのでまたしんどい。全身が動けば、その分慣性が働いて、ストローク終わりにボートが止まらない。次のストロークはその速度を維持するだけでOK。



自然とそういう事に留意するようにもなるんだけども、それよりも、何よりも、このあたりまで来ると、嗚呼、文句を言わずにやり切らんとあかんねんなぁ.. という気持ちになってくる。途中リタイヤする良い言い訳ないかなぁなんて考えていたのが、これもうやらなあかんねやなぁという感じ。



陽が傾いてきたな、という 頃、ゴールの橋が見えてきた。ただ"あの橋がゴールじゃなかったらどうしよう"という恐怖心が残る。


さらに近づき、ゴールを確信。最後の力を振り絞って漕ごうとするも、浅すぎでライニング。やられた...。最後は歩いて6時間50分。無事完漕!


陸サポメンバーに迎えてもらって、あったかいチョコドリンクとおぜんざいで生き返りました。





参加者も増え、陸上班の皆さんのおかげで、ずいぶんイベントらしくなりました。本当にありがとうございます。

こんなリバーカヤックの楽しみ方もありだと思います。六甲山全山縦走とか金剛山のダイヤモンドトレイルとかも、そんな感じよね。ヘロヘロになって、全部やりきったと言える気持ち。年一回か、数年に一回でいいから、また一緒に漕ぎましょうね。

また来年もやりまっせ!挑戦者、待ってまっせ〜!



以上をもちまして、I & I Paddles、2017年のツアー・イベント、全て終了。今年はほんまいろいろあった気がする..。I & I として成長もできた気がするけど、それよりもいろんな人に助けてもらった。本当にありがとうございました。


良いお年を!

2017年12月11日月曜日

"ハネタク&辰野勇"対談をみて、モテたいと思ったということ

羽根田卓也&辰野勇 特別対談【自然と生きる。水とみどりの楽しみ方】入場無料!



行ってみました。梅田、グランフロントとスカイビルの間の、薄暗いトンネルの地上部分の再開発エリアうち、まだ用途がちゃんと決まって無さそうなエリアの、「とりあえずなんかやっとけ」という感じのイベント広場。


ナオコさんの Facebook で知っただけだったんだが、あまり宣伝してなかったのかね?他の人からの情報は何も得られぬまま...。(ちなみに、自分の周りに、ナオコとナオがむっちゃたくさんいる)

対談の内容はほとんど想定内で、ある程度ビッグネームの人たちが、あまり打ち合わせすることもなく、当たり障りの無い"良い話"をして、司会が適当にいい感じにまとめる、という もの。だろうな、と思っていたら、本当にそうだった。

そんでもって、お客のほとんどはハネタク目当ての女子なもんだから、話の内容なんて、ほんとにどうでもいいのだ。対談が終わったタイミングでの握手のチャンスと写真のチャンスが一番大事。女子の目線がキラキラしているのだ。(ナオコさんも、ばっちりハネタクとセルフィーしてた)

対談後、握手をしようと群がる女子と、
笑顔で応えるイケメン

もう、この時点で既に、羨ましくて仕方ないのだが、実際ハネタク見てみたら、精悍で爽やかで優しそうでイケメンで、こっちは髭メガネを選択している段階で勝ち目が無い。仕方がないのでちゃんと話を聞いてみることにする。

一方の辰野勇氏は、株式会社モンベル創始者にして会長、アウトドア業界においては知らぬ者などいない著名人である。有名人ながら、どんな話をする人なのか全く知らなかったので、これもいい機会。

対談の中で、僕が個人的に大事だなと思った、2点。

【競技カヌーとレジャーカヌーの連続性】

羽根田卓也『練習は人工コースばっかりだけど、こないだ久しぶりに大自然の中で漕ぐ機会があって、カヌーって本来こういうものだよなーと思いました笑』 
辰野勇『競技カヌーのカヌー協会は各都道府県にあるが、レジャーカヌー普及が進んでない。じゃぁ自分が作ろうと48番目の組織を作った』 
(僕の記憶の中から抜粋)

競技者は漕ぐ技術 力は素晴らしいが、自然のフィールドでの遊び方を知らない・レスキュー技術を知らなすぎる。レジャーカヌー愛好者は遊び方は多様だが、漕ぎ方そのものを知らなすぎる。かねてより、大事だと思っているポイントなのです。

特にカヌースプリント選手。高校大学と練習しまくって、むちゃくちゃ漕げるはずだが、引退と同時にカヌーをやめてしまう。他にもフィールドがいっぱいあるのに。ファルトで川下り・湖のんびり愛好者。"ヘタウマが楽しい"でとどまってしまう。少し上手くなれば、もっと安全に、もっと速くもっと遠くへいけるようになる。フィールドがどんどん広がる。

白激カヤック・スラローム・フリースタイルはかなり連続性があるし、人的交流も盛んだが、それ以外との交流は少ないと感じています。

僕自身、まだまだやけど。I&I Paddles 、実はそんなこと考えながらイベント企画してたり、ワイルド競技も参加しています。

競技カヌーの代表羽根田卓也氏と、レジャーアウトドアの代表(?)の辰野勇氏から、こういう話が聞けたのは励まされるような気持ち。

質問タイム。すかさず挙手。もう少し話を引っ張り出したいと思って質問してみました。


【辰野勇氏、自己顕示強し!】

もう一点は、辰野さんの自分アピールの強さが印象的。自分の業績・功績、実力のアピール。いわゆる経営者イメージの脂っこいイヤらしい感じはなかったけど、自分が何をしてきて何をしているかの話が随所に出てくる。

良いか悪いかはともかくとして、経営者として一代で大企業にした人ってのは、こういうものなんやろうな、と思う。嫌われることもあるだろうが、それも実力のバロメーターだな、と。

ただ一言物申すと、JRCAのこと言うなら、もっとちゃんとやってくださいよ。ちなみに国内にはレジャーカヌー普及系の団体が二つある。JRCAとJASCA。I&I Paddles はどちらにも加盟していない笑 近い将来、両方に加盟したいとも思ってるが、弱小アウトフィッターには、少し気・荷が重い。2団体が合併してくれたら迷わず加盟するねんけどなー。

むっちゃ私的な話だけども、僕は、自己顕示欲、弱い方では決して無い。むしろ強いかも。でも、抑えなければいけない表出させてはいけないと思ってたら、この10年ほどで自己顕示の方法が歪になってきた気がする。もっと素直なカタチで自己アピールしていきたい。

リング外からマイクを要求。
プロレス会場かと見紛うばかりの
マイクパフォーマンスを展開

まぁ、何はともあれ、数十人の女子を引き連れ歩くハネタクの姿には、羨ましい!!と思ったのだ。俺もモテたい!と。

悔しいので、おっちゃん読者を羨ましがらせるためだけに、この夏、最も鼻の下が伸びてる瞬間の写真をアップする。嫁には秘密だ。

満載の女子大生を拉致した図


2017年12月8日金曜日

奈良吉野川大滝ダム下区間

またまたコウノさんに誘っていただき、奈良県吉野川の大滝ダム下区間を漕いできた。

核心部。『垣ノ瀬』かな?

実は最近『ダムと民の五十年抗争〜紀ノ川源流村取材記』(浅野詠子著)という本を読んだばかり。紀ノ川上流部、すなわち奈良県吉野川で数十年もモメたダムと言えば、もちろん大滝ダムだ。


本の中では、ダム行政批判もさることながら、川や山との関係が変化していく住民の、葛藤の歴史が語られている。川と人の生活がどう繋がるのか、なんて考えさせられた。この話はまた機会を改めるとして、とにかく大滝ダムとの対峙だ。

大滝ダム直下のエグい瀬 "大滝"

スカウティングというか物見遊山というか
大滝ダムは、関西白激パドラーなら誰もがよく知っている。北山村への国道169号線、川上村へ入ってすぐ、左へ曲がるヘアピンカーブでスピードを緩める。前を見ないといけないが、眼の下にちらりと映るエグい瀬が気になる。気になるけれど、よく見えないし、あんなエグいの自分が漕ぐ機会はないんだろうな、と思いながら前方に目を戻すと、そこに現れるコンクリートの壁。それが大滝ダムだ。

カヌレンジャイ!

実際に漕いだのは、エグい瀬"大滝"の下流から。めちゃくちゃ渇水で、大滝の普段は見えないような岩まで見える。今回は水が少なすぎて漕げないので、訪れるかどうかわからない機会のためにスカウティング。




大滝周辺は、巨大なポットホールが岩盤を切り刻んだような、エグいゴルジュの様相。この景観だけでも価値がある。


大滝のすぐ下流で、川は大きく右に屈曲する。右岸には、これも白激漕者にはお馴染みの磨崖碑がある。土倉庄三郎を称える碑なのだが、彼がどんな人物かをここで書けるほどに詳しくはない。この記事が読みやすいかも。

Huffpost 『土倉庄三郎没後100年/「林業は国の 本」と唱えた山林王の事績』http://www.huffingtonpost.jp/shinrinbunka/industry-of-wood-tuchikura_b_17390362.html

高さ約30mの磨崖碑は、169号から見てもかなりの存在感だが、水面からはさらに巨大にそびえて見える。


いくつかの瀞場と、岩だらけのパチンコセクション、


落差のある瀬を抜け、
落ち葉が宙を舞う。写真ではわからへんなあ

核心部へ。


まずは入念にスカウティング。そして先陣を切らせてもらうことになった。緊張する。なんてたって怖いのだ。一番手はその緊張がさらに増す。


だからこそ、漕げたときの興奮は言葉にならない。ただ叫び声になる。

コウノさんが続く。


核心部では、交代でバックアップ体制をとる。自分が漕ぐ時にはレスキューのために待機してもらい、自分が漕いだら交代する。



漕ぐか漕がないかは自分の選択。漕がなければボートを担いで歩けばいい。周りが励ましたり囃し立てたりすることはあっても、漕がない選択をすることも大切な判断だ。

瀬の下流を見ると、見事なキャニオン。北山川の渓谷を凝縮したような雰囲気。



核心部からゴールまではあっという間だった。核心部の興奮が冷めないまま、どうだったああだった。次はどうだこうだ。やっぱりこの興奮感は、他の何にも変えられない。


ゴールポイントの少し下流で、支流の高見川が合流する。山間部を縫うように蛇行し、吉野神宮の麓で視界が大きく広がる。ここから【ナラヨシ・スーパーロング】が始まる。





今年は12月17日。参加者、挑戦者、お待ちしてますよ